きしもと歯科BLOG

2017年6月 8日 木曜日

歯周病なら、口腔外科がある大阪府高槻市の当院へお任せください

歯周病はとても身近な生活習慣病で、30代で70%、40代では80%以上の人が掛かると言われています。
しかし多くの炎症は、歯茎の縁や歯周ポケット下の歯石などをきれいにすることで改善し、健康な歯茎を取り戻せます。
ただしこれらで改善しない重い症状の場合は、歯茎を切開し歯の根の周囲にある、悪くなった組織を除去する外科的処置が必要になります。
外科的な処置というと少し躊躇しますが、積極的に処置をすることで、歯を支える周囲の骨や歯茎の状態が改善され、歯の寿命を延ばすことにつながるのです。
歯周病は、お口の汚れや歯石を取り除いていれば予防できる病気です。しかし進行すると治療が不可欠です。

当院では、患者さんの症状に合わせて、適切な治療を行っております。進行段階によって対処方法も異なり、やはり症状が進行するほど、治療は大掛かりになり患者様の負担も大きくなってしまいます。
当院は口腔外科を設けており、歯や歯茎をはじめ口の中や顎、顎の下などの疾患に外科的なアプローチが可能です。

なによりも歯周病の予防には、日頃の歯磨きが欠かせません。そして定期的な通院で、プロのメンテナンスやケアも受けましょう。歯周病の治療なら大阪府高槻市の当院へお越しください。

投稿者 医療法人きしもと歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


大きな地図で見る
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町4-5 トキワビル3F

お問い合わせ 詳しくはこちら