きしもと歯科BLOG

2017年6月15日 木曜日

歯周病には数種類の外科的処置で対応します、大阪府高槻市の当院へ

歯周病は予防できる病気ですが、進行した場合は外科的処置を行います。悪くなった組織を取り除くことで、歯の寿命を延ばすことにつながるのです。
今回は歯周病の手術の種類をご紹介します。

まずは、SRP(ルートプレーニング)です。比較的、軽度から中等の歯周炎に対して行います。痛みを感じないように局所麻酔を行い、歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を取り除きます。

フラップ手術は、中等度以上の進行した歯周炎に対して行われる外科的処置です。
同じく局所麻酔を行い、歯茎を切開して歯肉を顎の骨からはがし、歯の根に付着しているプラークや歯石、感染した組織を除去します。手術後に切開した歯肉を縫合する処置も加わります。

さらには再生治療という方法もあり、GTRは失った顎の骨や歯根膜など、歯周組織を再生させる治療法です。
歯肉を切開して歯石を取り除いてできた空間に、特殊な膜を挿入することで、歯肉の侵入を防ぎながら骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。

またエムドゲインという再生治療法もあります。GTRとは異なり、薬剤を歯の根の表面に塗ることで、歯が生えるときと同じような状況を作るのが特徴です。この処置により歯周組織の再生を促していきます。

このように当院では、歯周病の進行段階に応じて適切な処置を行っております。歯周病の外科的な治療なら、大阪府高槻市の当院へお気軽にご相談ください。

投稿者 医療法人きしもと歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


大きな地図で見る
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町4-5 トキワビル3F

お問い合わせ 詳しくはこちら