きしもと歯科BLOG

2017年7月31日 月曜日

口腔内のできもので不安のある方は、大阪府高槻市の当院へお越しください

口腔内のできものに、不安に思っている方はいらっしゃいませんか。

当院では、歯科口腔外科について専門的な治療を行っており、口腔内のできものについても適切な診断と治療を行っています。できものにもたくさんの種類があり、炎症や潰瘍、また膿瘍や腫瘍の場合があります。さらに専門的に言うと、エプーリスや線維腫、のう胞、悪性腫瘍に分けられます。

このうち、エプーリス、線維腫、のう胞は良性のできものですが、悪性腫瘍は口腔がんです。もし、口腔がんと診断された場合には、信頼のおける大学病院をご紹介していますので、心配な方はまずは一度、ご来院ください。

口腔がんは、虫歯などでとがった歯や、不良な被せ物、入れ歯による粘膜の刺激が続くことで発症することもあります。発症は、口腔内のさまざまな場所で見られます。早めの治療が大切ですので、お悩みを抱えるよりはまずご相談ください。

エプーリスは歯茎にできる良性のできものです。外科的な処置により切除をしますが、妊娠中にできるエプーリスは、産後に自然に小さくなるケーズもあり様子を見ることもあります。

線維腫は、口の中にできる硬い腫れものです。だんだん大きくなって不安になりますが、良性ですので切除すれば心配ありません。

のう胞は、粘膜や歯根の根元に液体が入った袋状のものができる病気です。痛みを伴う場合などは切除をお勧めしています。

当院では、口腔外科に専門的な診断や治療が可能です。口腔内のできものでご心配のある方は、大阪府高槻市の当院へお越しください。

投稿者 医療法人きしもと歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


大きな地図で見る
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町4-5 トキワビル3F

お問い合わせ 詳しくはこちら