HOME > マウスピース・マウスガード

マウスピース・マウスガード

院長  岸本博人

アメリカンフットボール・ラグビーやボクシング・空手などの格闘技では、顎や頭部に強い力がかかることがあり、歯の脱臼や歯が折れたり、口腔の外傷、脳しんとうを防止するためにマウスガードを装着するのは、とても有効です。
スポーツ店では、熱で軟らかくさせ、自分で作るマウスピースが売られておりますが、噛み合わせをきちんと調整したオーダーメイドのマウスピースが必要です。成績を伸ばして、運動能力を向上していきたいと思っているスポーツ選手、ケガを防止したい方はきしもと歯科医院にご相談ください。

マウスピース・マウスガードが予防できるもの

① 歯の脱臼や歯を折ったりすることの予防
② 口腔・口唇のケガ予防
③ 脳震盪の予防
④ 顎関節の保護
⑤ 顎の骨折の予防

 

スポーツ店で販売しているマウスピースではきちんとと咬み合わせを調整することができないため、本来の1番の目的であるケガを防ぐことができる範囲が限られてしまいます。実際に販売されているマウスピースを装着していたのにも関わらず、歯が折れてしまいきしもと歯科医院に来院されている方がたくさんいらっしゃいます。


マウスピース・マウスガードの運動能力への効果

ここ最近でマウスピースをつけて食いしばることにより、 スポーツパフォーマンスが向上する ことが明らかになってきました。
スポーツパフォーマンスの向上には、正しい「咬みあわせ」としっかり「咬みしめる」ことが大切と言われておりますが、スポーツによって、「咬みあわせ」が大切である場合や「咬みしめる」ことが大切である場合と様々です。


当院はご要望に合わせて製作させていただいておりますので、ご希望をお伝えください。オーダーメイドで製作させていただきます。


マウスピース・マウスガードについてはこちら



大きな地図で見る
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町4-5 トキワビル3F

お問い合わせ 詳しくはこちら