HOME > スポーツアクシデント

スポーツ・アクシデント

Case1

歯医者に行こうと思ったきっかけ パワーアップにかみ合わせが関係すると聞いて。 先生に相談に行きました。
ピッチャーをやっていますが、球速がなかなか上がらないため悩んでいました。
年代/性別/職業 17歳/男性/学生(野球部)
Case1イメージ
治療内容

マウスピースを作って頂くのに、かみ合わせとは関係ない親知らずがむし歯になっていて、その治療も一緒にやって頂きました。
放っておいたら隣の歯にも影響する様だったので、早めに気づけて良かったです。

治療の結果・感想

あんまり話すのが得意でないのですが、先生が細かくヒアリングをしてくれたため、いいマウスピースを作って頂けたと思います。
嘘みたいですが、マウスピースはめてから球速も5キロ上がったんです。
今は試合用のマウスピースを作ってもらうことになりました。先生ありがとうございます。


マウスピース作製はこちらをクリック

Case3

歯医者に行こうと思ったきっかけ ゴルフで、どうしてもボールが曲がるのを悩んでいた時に、「骨盤の歪みとか顎の歪みとかがスイングに出る。」と教えていただいたのがきっかけ。
年代/性別/職業 35歳/男性/会社員
Case3イメージ
治療内容

顎関節症の治療(マウスピース)

治療の結果・感想

スイングが綺麗になったと言われ、以前よりまっすぐにボールも飛ぶようになりました。飛距離も伸びました。まだまだ練習が必要ですが、シングルを目指せそうなところです。
首がよく回るようになり、肩こりも以前より改善されたようです。

顎関節症治療についてはこちら

Case4

歯医者に行こうと思ったきっかけ 風呂場で転んで前歯が欠けてしまった。
年代/性別/職業 21歳/男性/学生
Case3イメージ
治療内容

ラミネートベニア

治療の結果・感想

歯が欠けた日の翌週に大事な面接があったので、本当に困っていました。話した矢先から無理と言われたところもあったのですが、とりあえずの処置ならできるかもしれないから一度診させてください、と言ってくださいましたのが先生でした。
まず仮に目立ちにくくしていただき、後から綺麗にしていただきました。
おかげで見た目の印象を崩すことなく、内定いただくことができました。

ラミネートベニアについてはこちら

Case5

歯医者に行こうと思ったきっかけ 部活でラグビーをしており、練習中に膝が顔に当たり、前歯が折れてしまった。
年代/性別/職業 17歳/男性/学生
Case3イメージ
治療内容

セラミッククラウンとマウスピースの製作

治療の結果・感想

歯が折れてすぐ電話で相談したのですが、折れた歯を乾かさないようにして、可能な限り早く来てください、と親身になって聞いてくださいました。
すぐ診ていただきましたが、かなり大きく割れてしまっていたので、修復ではなくセラミッククラウンというものをかぶせていただき、綺麗になりました。
あと、使っているマウスピースも診てもらい、ちょっと合ってなかったのも折れた原因だったようでした。スポーツ用品店で売っている既成のマウスピースではだめですね。歯医者さんでしっかり型取りしてもらって、自分に合ったものを作ってもらわないと。また定期的に診てもらうようにしたいと思います。


セラミック治療についてはこちら

マウスピース作製についてはこちら



大きな地図で見る
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町4-5 トキワビル3F

お問い合わせ 詳しくはこちら